相手に合わせた総合型カタログギフトを

総合型カタログギフトと言っても様々な種類があり、百貨店が販売しているものやセレクトショップが出している総合型カタログギフト、インターネットで公開されているweb版の総合型カタログギフトなどがあります。種類によって掲載されている商品も色々なので、その人に喜んで貰うためにもカタログギフトを贈る相手に合わせてカタログを選ぶようにしましょう。 高級感のあるプレゼントが喜ばれそう、品質にこだわるタイプなら百貨店の総合型カタログギフトを、おしゃれで流行に敏感ならセレクトショップの総合型カタログギフトを選ぶのも賢い方法です。インターネットショッピングを頻繁に使っている、若い世代でインターネットを使えるのならweb版のカタログギフトにするのも良いかもしれません。相手の立場になって、どんな種類のカタログが良いのか考えることが重要です。

お返しなら頂いた金額で決めること

総合型カタログギフトでお返しをする場合は、頂いた金額に応じたカタログギフトを選ぶのがマナーです。お返しなら半額から3分の1の値段が相場なので、その金額に合わせたカタログを探すようにします。頂いた金額が5000円前後なら3000円分のカタログギフトを、10万円と高額なら5万円のカタログギフトにします。誰にどのくらいの金額を頂いたのかきちんと把握して、それに見合ったお返しをするのが大事です。

頂いた金額がとても高額で、総合型カタログギフトでは返しきれない場合はカタログとプレゼントをセットにして贈ります。ちょっとしたプレゼントを加えれば頂いた金額に見合ったお返しができ、相手に喜ばれる確率も上がります。さらにメッセージカードも添えれば、感謝の気持ちがより伝わるかもしれません。