商品の質の良さが期待できる

百貨店型カタログギフトは、カタログギフトメーカーが掲載する商品を選び、それを百貨店に確認してもらう仕組みとなっています。百貨店側がその内容に納得しなければ、商品の選び直しを行います。百貨店といえば、数々の高級品を取り扱い、目が肥えたスタッフが数多く在籍しているところです。その百貨店が確認するため、百貨店型カタログギフトに掲載される商品は、質の良さが期待できます。百貨店型のカタログギフトでは、百貨店の名前やロゴがそのまま使用されています。そのため、カタログギフトの内容が良くなければ、百貨店そのものの評価も下がりかねません。したがって、掲載内容の確認は生半可ではなく、非常に厳しいため、内容には信頼性があります。

カタログギフトそのものにブランド価値がある

カタログギフトを監修している百貨店は数多くありますが、そのほとんどが高いネームバリューを持っています。そのため、百貨店型カタログギフトそのものが、価値の高いものとして扱われやすいです。しっかりとした箱に入り、百貨店専用の包装紙に包まれたカタログギフトは、他のカタログギフトよりも良いイメージを持たれる可能性が高いです。カタログギフトといえば、贈る側が品物を選ばないため、気持ちが込められていないと受け取られる場合もあります。しかし、百貨店型カタログギフトであれば、高級な贈り物と捉えられ、悪い印象を与えにくいです。また、質の良い商品が数多く掲載されているというカタログギフトの特徴を知っている人に贈る場合は、喜ばれることが多いです。